サラダジェニック部

まるく切ったらまるでアートに!

2018年6月7日公開

アボカドと新玉ねぎ。この2つの食材だけでも切り方ひとつ工夫するだけで、とてもおもしろい“サラダジェニック”なサラダができます!今回、アボカドは一般的な“半月切り”ではなく、新玉ねぎの形状に合わせて“輪切り”に!まるい食材がお皿の上で波紋のように広がって、なんとも不思議な盛り付けになります。まるでアートのように楽しめる新発想のサラダの登場です!

    • おくD

      アボカドと新玉ねぎって食感が真反対だよね?

    • みやちゃん

      たしかに、ムニッとシャキッって感じですね!

    • さっちん

      その両極端な食感を楽しむには…

    • haru

      同時に食べるのがオススメ!

    • うっちー

      じゃあ、いっしょに食べてもらえる工夫が必要だね!

  • サラダを食べやすくする工夫のひとつが、食材の形状をそろえること。今回は、それに食材をつなげるというひと手間も加えます。リング型の新玉ねぎに切り込みを入れて、輪切りにしたアボカドにつなげることで、2つの食材が一心同体に!これでより一緒に食べたくなります。さらに、こうすることで立体感が出るので、盛り付けにも躍動感が生まれ、“サラダジェニック”的にも大成功です!

  • あっさりとしたテイストを大切にしたいサラダなので、『リケンのノンオイル セレクティ® 青じそ香るみぞれおろし』をセレクト。さっぱりとした印象の中にも青じその香りと深いコクを感じるので、味わいに奥行きが生まれます。粗めにおろした大根がアボカドと新玉ねぎの食感に見事にマッチします!

  • 通常はタテに切れ目を入れて半月切りにするアボカドを、ヨコに1周切れ目を入れた後、ねじるように割ってリング状の輪切りに!まるで新しい食材のような新鮮な印象が目を引きます。

  • アボカドと新玉ねぎのリングサラダ

    アボカドと新玉ねぎがリズミカルにつながった、新発想の「アボカドと新玉ねぎのリングサラダ」ができました!その名の通り、まるくカットされた2つの食材がお皿の上で躍動します。最後に、食感のアクセント付けにプチッとするいくらをのせてできあがり。『セレクティ® 青じそ香るみぞれおろし』は別皿で用意し、食べる分だけかけていただくのもポイントです。ボリュームアップさせたい時は、相性バッチリなサーモンをぜひどうぞ。

Ingredients

材料(二人分)

  • アボカド
    1個
  • 新玉ねぎ
    40g
  • いくら
    少々
  • リケンのノンオイル セレクティ® 青じそ香るみぞれおろし
    大さじ2

Directions

つくり方

  • 新玉ねぎは薄く輪切りにして水にさらす。
  • アボカドは横に包丁で1周切り込みを入れる。両手で実を持ち、ねじるように回して2つに割る。種を取り、皮をむいて厚めの輪切りにする。
  • 器にアボカドと水気を切った①を盛る。『リケンのノンオイル セレクティ®︎ 青じそ香るみぞれおろし』は別の容器に入れて添える。

Nutritional Information

このレシピの栄養成分

  • エネルギー
    183kcal
  • たんぱく質
    4.2g
  • 脂質
    15.8g
  • 飽和脂肪酸
    2.69g
  • 炭水化物
    9.4g
  • 糖質
    4.7g
  • 食物繊維
    4.7g
  • 食塩相当量
    0.8g

※栄養計算は1人分の数値を記載しています(日本食品成分表2010より)