Lighting Technique

ライティング術

撮影 de サラダジェニック

サラダを撮るときは、フラッシュをOFFにしましょう。正面から光が当たると全体が明るい平面的な写真になり、おいしさや雰囲気を表現できません。オススメは、斜めうしろまたは横から自然光が当たっている状態です。適度な陰影が出て立体的な写真になります。思うように自然光が当たらない場合は、自由に動かせる電気スタンドなどを使ってもよいでしょう。「ここだけ明るくしたい」「ここに照りが欲しい」と思ったら、小さめの鏡でそこに光を当ててあげるのも手軽で効果的なテクニックです。